いくつもある鳶の種類。その仕事内容や特徴を紹介!

 



皆さん、こんにちは。

静岡県富士市を中心に、全国で機械据付工事や重量物搬入を手がける日東機工です。


建設現場の高所で作業する「鳶(とび)」という職業、ご存知ですよね。

「鳶」という名前の由来は、昔、棟上げの際に、高い梁から梁へ飛び回っていたことからだと言われています。建築現場の高所で華麗に作業する姿から、「現場の華」とも称されてきました。


しかし、鳶の具体的な仕事内容については、一般的にはまだ知られていないことがたくさんあります。今回は、そんな鳶の種類について詳しくご紹介します。


■作業内容で分けられる鳶の種類

鳶は、建設現場の高所での作業や基礎工事、足場の設置・解体などを行います。その作業内容によって「足場鳶」「鉄骨鳶」「重量鳶」などに分けられます。




・足場鳶

建設現場で作業用の足場を設置します。足場は工事用の仮設のため、工事後の解体も「足場鳶」がしています。他の職人の安全や作業性、設置解体の効率を考慮しつつ、足場を組んでいきます。


・鉄骨鳶

「鉄骨鳶」は、鉄筋・鉄骨建築の骨組の組み立てや、解体作業を行います。図面をもとに、鉄骨をクレーンで吊り上げて組み立てていきます。耐久性の高い鉄骨を扱うため、高層ビルのような高所での作業が多くなります。


・橋梁鳶

橋だけでなく、高速道路や鉄塔、ダムなどの土木工事に携わる鳶です。足場設置や鉄骨組み立て、橋桁の架設もしますが、工事規模が大きく、専門技術が必要とされます。手がける建造物によっては、仕事場も全国にまたがります。


・送電鳶

「送電鳶」は、正式には「送電線架線工」と呼ばれる、高所で作業する電気工事士のことです。鉄塔にのぼり、特別高圧架空送電の敷設や、保守の作業をします。


・重量鳶

大型機械や空調設備のように、重量の大きいものをフォークリフトやクレーンなどを使って運搬・設置・解体します。




■重量鳶に求められる専門性

私たち日東機工では、機械据付工事や重量物を運搬する「重量鳶」の仕事をしています。一般的に「鳶」と聞いて思い浮かべる「足場鳶」や「鉄骨鳶」に比べ、「重量鳶」はさらに専門的な知識や特殊技術を必要とします。運搬物の重量が大きいことに加え、現場ごとに機械の種類や設置状況が異なるため、運搬する際にはそれぞれの現場に合わせた高度な計画と、操作技術が求められるのです。


当社が今年3月に行ったマシニング移設工事では、マシンニング7台とフライス、旋盤など6台を移設。1番重いものは30tありました。既存のマシニングは地面に埋めてあったため、ジャッキアップを行って搬出。搬入口より大きいものは、マガジンを外して搬出してから工場内で組立をするなど、図面と現場に合わせて対応しました。


このように、安全に配慮しスムーズな運搬設置を行うためには、それぞれの現場に応じた綿密な計画が必要となります。数十トン、時には数百トンに及ぶ大型・精密機械を扱ううえ、設置には数ミリ単位の精度が求められます。重量鳶は、その名前のイメージとはうらはらに、繊細さも必要とされる仕事なのです。




■やりがいある重量鳶の仕事

重量鳶の職人になるには、フォークリフトやクレーン、玉掛けなどの運転資格が必要です。資格を取得し経験を積むことで、職人としての技術を日々高めていくことができます。


重量が大きい機械の運搬は、1人ではできません。チームみんなで協力して、初めて成し遂げることができる仕事です。また、高所での作業は時として危険が伴います。緊張感の中で精密さが求められる現場だからこそ、チームで依頼を完遂できた時の達成感が大きいのです。その分、重量鳶の世界は厳しい部分もありますが、それも「一人前の職人として成長して欲しい」という社員への思いがあるからこそ。当社では、お金を頂く以上、若手もベテランも関係なく、厳しくも愛情を持ってお互いが切磋琢磨しています。


重量鳶の仕事に興味を持たれた方は、静岡県富士市を中心に全国で重量鳶の仕事をしている「日東機工」で働いてみませんか?日東機工では、社長自ら「働いている人が働きやすい環境を作ることが社長の仕事」をモットーに、免許・資格取得支援や保険完備など、鳶職人が安心してやりがいを持てる職場づくりを心がけています。経験の有無は問いません。「働いてみたい」「気になった」という方は、ぜひお問い合わせください。


<日東機工へのお問い合わせはこちら>

TEL:0545-30-8599

http://nitto-kiko.co.jp/contact