他の鳶職より専門性が高い!? 重量鳶っていったいなに?

 



日本の建設業界を支えているさまざまな職人たち。

なかでも、高所で作業する職人のことを「鳶」と呼ぶのはもうご存じですよね。


「鳶」と聞くと、足場工事に従事している方たちの印象が強いでしょう。


しかし、鳶とひと言で言っても、「足場鳶」をはじめ「鉄骨鳶」「重量鳶」「橋梁鳶」と業種ごとに分けられるのです。


なかでも私たち静岡県富士市の日東機工が携わっているのが「重量鳶」です。

一般の方にはあまり耳なじみがないかもしれません。

そこで今回は「重量鳶」の仕事についてご紹介いたします。



■重量鳶の仕事内容とは


重量鳶とはその名の通り、大型の機械や設備などを建設物の内外部に運搬、設置、解体をする仕事です。


数百キロから100トンまで、設備ごとに重量もさまざまですが、どの設備の設置でもミリ単位で搬入する高度な技術が求められ、取得すべき資格もあります。



■重量鳶は専門性が高いので給料も高い!?



重量鳶は大型の空調設備や給排水設備、電気設備などの搬入・設置・搬出などを手掛けることもあり、他の鳶職に比べて専門性が高いといわれています。そのため、重量鳶の仕事は重量鳶にしか務まりません。


つまり手に職をつければ、一生モノになるということ。重量鳶はそれだけ重宝される存在なのです。

もちろん、各社に寄って開きがあるため、一概には言えませんが、その分鳶職のなかでは給料も高いといわれています。



■重量鳶の現場は安全対策が必要不可欠


重量物をクレーンと道具を用いて設置するわけですから、危険性が高くなります。なので、施工の際には安全対策が必要不可欠です。


静岡県富士市の日東機工では、必ず作業開始前に手順の振り分けや確認をすることで、事故が起こらないように配慮しています。また経験豊富な社長が、自ら現場に出てチェックすることで万が一の怪我もないような環境を実現しているのです。



■重量鳶の仕事は未来もずっとなくならない



いかがでしたでしょうか。重量鳶は貴重な存在として、日々皆さんが生活する施設を作り上げています。誰もが知っている大規模な建築物の現場を手掛けることも多く、やりがいに満ちあふれた仕事です。


現在、世の中ではAIやロボティクスが台頭していて、10年後には多くの職業が取って代わられるといわれています。

そんななか、重量鳶の仕事はロボットでは代用できず、絶対になくならないといわれています。つまり重量鳶は、生涯にわたって役に立つ意義深い仕事なのです。



静岡県富士市の日東機工で、重量鳶としてのスキルを磨いてみませんか?

日東機工では、現在求人募集中です。仕事量が充実しているほか、重量鳶には欠かせない免許・資格の取得支援制度も充実しています。


未経験者でも大歓迎ですので、静岡県富士市をはじめとして静岡県内で少しでも興味のある方は、以下のURLからお気軽にご質問・ご応募ください。


http://nitto-kiko.co.jp/contact